『自己破産』なら【弁護士法人心 名古屋法律事務所】まで

Q&A

自己破産手続き中に保険に加入できますか?

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年11月25日

1 自己破産しても保険の加入は可能

掛け捨ての保険であれば加入しても問題ありません。

自己破産すると、保険の契約ができなくなるとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

持病等が原因で保険会社の審査に通らなくなっている可能性はありますが、自己破産したことだけが原因で保険に加入できないわけではありません。

結論として自己破産手続中でも新たに保険に加入することは可能です。

2 積立型の保険は自己破産することで解約される可能性がある

  

ただ、自己破産は、目ぼしい財産をお金にかえて債権者に平等に分配して、それでも残った借金が免責される(支払わなくてよくなる)手続きです。

解約して20万円以上返戻金がある保険等は、目ぼしい財産とみなされ、自己破産では解約しなければならない可能性があります。

自己破産手続中に積立型の保険に入っても、解約すれば積立部分をお金にかえられるとして、解約の対象になる可能性があります。

これではせっかく保険料を支払って保険に加入しても意味がありません。

ですから、自己破産手続中に新たに保険に入りたい場合は、掛け捨ての保険をお勧めします。

3 自己破産を機会に保険を見直してみる

  

自己破産するまでの経緯は人それぞれですが、生活水準が高すぎたことが原因の方も少なくありません。

自己破産は、経済的にやり直すための手段です。

自己破産を機に、生活水準が高いところがないか、保険料が高すぎないかという視点で、保険を見直したことで、少しづつ貯金ができるようになった方もたくさんいらっしゃいます。

自己破産で必ずしも解約しなくてもよい保険であっても、複数の生命保険・医療保険に加入されている方や厚い保障のある保険に加入されている方は、保険を見直してみるのもよいでしょう。

4 新しく積立型の保険に入りたい場合は、自己破産手続終了後に加入するのがよい

  

せっかく新しい保険に入るなら、少しでも残るものがある積立型の保険に入りたいという方もいらっしゃると思います。

自己破産手続きが終了した後は、加入する保険に基本的に制約はありませんので、新しく積立型の保険に入りたい場合は、解約されるおそれがない自己破産手続終了後に加入することを検討するべき場合もあると思われます。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ