『自己破産』なら【弁護士法人心 名古屋法律事務所】まで

「自己破産した場合の影響等」に関するお役立ち情報

自己破産と結婚

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年1月27日

1 自己破産と結婚の関係

自己破産をすると、結婚ができないとか、結婚予定の方に知られてしまうといった可能性はあるのでしょうか。

結論的には、自己破産をしても、結婚が制限されるようなことはありませんが、結婚予定の方に自己破産の事実が知られる可能性はゼロではありません。

ここでは、自己破産と結婚との関係についてご説明します。

2 自己破産をしても結婚はできます

法律上、「結婚ができない事由」というものが定められています。

たとえば、年齢による制限や、すでに結婚している場合、一定の近親者などです。

しかし、「自己破産をしたこと」は、結婚ができない事由には該当しません。

よって、自己破産をしたり、これから自己破産をする予定の方であっても、結婚には何らの影響もありません。

もっとも、多額の債務があることや、自己破産をしたことを隠したまま結婚をして、配偶者の方が結婚後にその事実を知った場合は、トラブルになる可能性があるため、事前に説明しておいた方がいい場合もあります。

3 自己破産したことを、結婚予定の方に知られる可能性

自己破産をすると、信用情報機関に情報が登録されますが、一般の方は、信用情報機関の情報を閲覧することはできません。

また、自己破産をすると、官報に掲載されますが、官報を日常的に閲覧している方は少ないため、官報から自己破産の事実を知られる可能性は低いといえます。

参考リンク:裁判所・自己破産の申立てを考えている方へ

もっとも、自己破産をすると、一定期間ローンを組むことができなくなります。

そのため、結婚後に、自動車や住宅の購入をしたいという話になった時、自己破産からあまり期間が経過していない場合、ローンを組めないという状態になります。

そういった話し合いの中で、自己破産の事実を伝えなければならない可能性があります。

また、子どもが奨学金を借りることになった場合、親が保証人になることがありますが、信用情報に情報が登録された状態の場合、保証人になることが困難なため、審査に通らない可能性があります。

このように、自己破産の事実が、どこからか漏れてしまうという可能性は低いですが、生活をしていく中で、自己破産の事実を告げなければならない場面が出てくる可能性があります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ